小顔にできる輪郭注射の流れ

小顔にできる輪郭注射の流れ

施術の流れとしては、まずカウンセリングを行ってどのような点を改善したいか、現在の健康状態のチェックなどを細かく医師と相談していきます。かつては小顔にする注射というと、脂肪溶解注射が主流でした。

このとき、医師に施術についての疑問や心配事などがあれば、遠慮なく質問しましょう。そのため、近年は腫れの出にくい輪郭注射が人気になっています。

麻酔が効いてきたら施術を行う箇所に輪郭注射の薬剤をゆっくりと注入していき、最後は保湿して終了です。ただし、定着の度合いを見て、回数が進むごとにスパンを長めにする場合もあります。

その後、麻酔を希望される方には施術箇所に表面麻酔を施し、十分に効果が出るまでしばらくおきます。このカウンセリングをもとに施術方法を決定し、施術の流れの説明を受けます。

しかし、施術後しばらくは腫れが出やすいという点がネックでした。簡単で気軽に施術を受けられる輪郭注射は、通常数回に分けて行われ、その間はだいたい1〜2週間程度とされることが多いようです。

施術の初回から効果が現れることが多く、数回繰り返すことで確実に目に見える効果が出てきます。メイクは施術した当日から、入浴はその日の夜からOKです。

施術をするときはメイクを落とし、皮膚を清潔な状態にしておきます。


ホーム RSS購読 サイトマップ